脱毛クリーム(除毛クリーム)でワキ毛を処理

脱毛クリームでワキ毛処理脱毛(除毛)クリームは、アルカリ性のクリームで毛のタンパク質を溶かしてムダ毛を処理する脱毛手段です。

脱毛という名前がついていますが、あくまでも効果は一時的なものです。

クリームの他にも、ローションやジェルなどのタイプがありますが、基本的な毛を溶かすという仕組みはどれも大体同じですので、価格や安全性、使いやすさを吟味して選ぶと良いでしょう。

最近では、小さな子供でも安心して使える低刺激の商品が増えましたので、ワキ毛の処理に利用する方が増加傾向にあるようです。

脱毛クリームのメリット

簡単

ワキにクリームを塗るだけですので、簡単です。

痛くない

クリームを塗って洗い流すだけですので、痛みは全くありません。

肌がスベスベになる

美容成分や、保湿成分が入っているクリームも多いので、使用後の肌がスベスベになります。

脱毛クリームのデメリット

においが強い

商品によっては、特有の刺激臭がします。

肌が弱い人は使えない

最近では低刺激の商品も多いのですが、中には刺激が強いものも売られています。肌が弱い人は、赤みやかゆみが起こってしまう可能性があります。

考えられる肌トラブル

赤み、腫れ、かゆみなど。

脱毛(除毛)クリームの使い方や、注意点

    わき毛をクリームで処理するときのポイント

  • 使用前にパッチテスト
  • 長時間の使用は避ける
  • 使用後はしっかりと洗い落とす

準備(プレケア)

使用前に必ずパッチテストを行いましょう。皮膚の薄い腕の内側などにクリームを塗り、5分程度放置してから洗い流します。そして数時間~1日様子を見てください。患部が赤くなったり、かゆくなったりした場合は使用を控えましょう。

クリーム使用のポイント

わきの毛が隠れる程度にクリームを塗り数分間放置します。商品によって時間が違いますのでしっかりと使用説明書を読んでから使うようにしましょう。あまり長い時間(目安10分)を越えないように注意しましょう。

アフターケア

クリームを使い終わった後は、しっかりと洗い流して肌に残らないように注意しましょう。洗うときは低刺激のボディーソープや石鹸を使用し、強くこすらないようにしてください。また、脱毛後に保湿ローションを使う場合は、低刺激のタイプを使うようにしましょう。

脱毛(除毛)クリーム経験者の感想

・塗るだけで簡単だし、使ったあとはすべすべになるから1年前からずっと脱毛クリームを使っています。肌に悪いという口コミもありますが、最近は肌への刺激が少ない商品もあるので、きちんと商品を選べば問題なく使用できると思いますよ。

・意外とコストがかかります。量をケチってしまうとあまり綺麗になりませんので、結局たっぷり塗ってます。仕上がりに不満はありませんけど、お金がかかるからこの先どうしようか迷ってます。

・前に腕に使ったときは肌に合わなかったのかかゆくなりました。ワキは大丈夫だったので、今はワキだけに使っています。こんもりと塗って、10分くらい放置して洗い流すとツルツルになっています。ただ、いい香りを混ぜてうまくごまかしてるとは思いますが、ツンとする刺激臭は慣れません。

脱毛(除毛)クリームの口コミ・意見 まとめ

  • お手軽
  • 肌がすべすべになる
  • コスパがよくない
  • においが気になる

以上の意見が大半を占めていました。スベスベの肌には憧れますが、においや刺激、コスパを考えると、長期的な使用には向いていないように感じます。

当サイトの評価

脱毛(除毛)クリームのおすすめ度

  仕上がり 手間 コスト
脱毛クリーム  太い毛はとれにくい  肌が弱いとピリピリ  拭き取り必要、残り毛の処理  商品価格の目安は3000円程度。3ヶ月毎で1年で10000円程度

ページの先頭へ