家庭用脱毛器(フラッシュ)でワキ毛を脱毛

家庭用脱毛器でわき毛処理家庭用脱毛器には、レーザーやフラッシュ、毛を抜く、毛を焼くなど様々な脱毛方式がありますが、現在は、フラッシュ脱毛器が主流となっています。

肌に負担をかけることなく広範囲を短時間で脱毛できますので、ワキ毛だけではなく、すねや腕などあちこち脱毛したい人にもおすすめです。最近では、維持費もかからず経済的で、自宅で好きなときに気軽に脱毛できることから、若い世代の女性にも大人気です。

フラッシュ脱毛器のメリット

スピーディーな脱毛

フラッシュ脱毛器は、広範囲を短時間で脱毛できます。

使い続けることで、ほとんど処理いらず

フラッシュタイプの脱毛器は、毛根にダメージを与えますので、毛がどんどん生えにくくなってきます。使い続けることで、ほとんど処理のいらない状態まで脱毛できます。

自宅で気軽に脱毛

誰にも見られることなく、いつでも好きな時間に脱毛できます。

1台あれば全身脱毛が可能

全身のほとんどの脱毛したい部位に使用できます。

維持費(ランニングコスト)が安い

維持費がかからず経済的。コストパフォーマンス抜群です。最近は、自分専用のカードリッジを持ち、本体は家族や友人と共有するケースも多いようです。1台で全身を脱毛することができますし、共有すれば家族や友人まで脱毛することができるので、さらにコストパフォーマンスが向上します。

フラッシュ脱毛器のデメリット

細い産毛には効果がでにくい

毛の黒い色素に反応しますので、色素が薄い産毛には効果が出にくいようです。

日焼けしすぎた肌には使えない

黒い色に反応するフラッシュ脱毛器は、極度に日焼けした黒い肌への使用は推奨されていません。

考えられる肌トラブル

使用法を守れば、特に心配する肌トラブルはありません。

使い方や、注意点

それでは、フラッシュ脱毛器で脱毛するときの流れやポイントを紹介します。

準備(プレケア)

まずは、電気シェーバーやカミソリで事前に毛を剃ります。できればお肌のことを考えて処理の前日に剃っておくのが理想です。また、処理を始める前に説明書には必ず目を通しましょう

脱毛のポイント

ワキの毛は太く痛みを感じやすいので、処理するときは保冷剤などで患部をしっかりと冷やしましょう。そうすることで痛みを軽減することができます。また、初めて処理するときは照射の強さの加減が分からないと思いますので、まずは低出力からはじめ、徐々に調節しましょう。

アフターケア

照射が終わった後のお肌は、少し熱を帯びた状態で、水分量も減少しています。濡れタオルなどで冷やし、保湿クリームや化粧水を利用してしっかりと保湿しましょう。

まとめ

    わき毛を家庭用脱毛器で処理するときのポイント

  • 前もって毛を剃っておく
  • 幹部を冷やしてから使用する
  • はじめは低出力で使用
  • 保湿クリームでアフターケア

多機能なフラッシュ脱毛器が増えています

最近はフラッシュの特性を生かして、美顔機能がある商品が増えています。 付属のカードリッジに付け替えることで、高性能美顔器としても使用できます。

また、商品によっては眉毛脱毛も可能です。

口コミ・意見 まとめ

  • 痛みが少ない
  • 機能が多い
  • 仕上がりがキレイ
  • 脱毛効果に満足
  • 時間がかからない
  • あちこち脱毛し放題

このような意見が目立ちました。誰にも見られなくて気軽、テレビを見ながらでも脱毛できるなど、お手軽さが人気の理由にもなっているようです。

当サイトの評価

フラッシュ家庭用脱毛器のおすすめ度

  仕上がり 手間 コスト
家庭用脱毛器
(フラッシュ)
 美容脱毛  肌に優しい、痛み小  片脇30秒~1分程度  初期費用で3~8万円程度。維持費は格安
当サイトオススメのフラッシュ脱毛器はこちらです

ページの先頭へ