家庭用脱毛器(レーザー)でワキ毛脱毛

家庭用レーザー脱毛器のイメージレーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素にのみ反応する単一の波長を照射することによって、毛乳頭に直接ダメージを与えて破壊する脱毛方法です。

クリニックの医療レーザーの出力を落とし、家庭でも手軽に使用できるようにと開発されたのが、家庭用レーザ-脱毛器です。

家庭用レーザー脱毛器 メリット

脱毛力が高い

フラッシュタイプの脱毛器よりも脱毛力が高いといわれています。

自宅で気軽に脱毛

いつでも好きな時間に脱毛できます。

持ち運びが楽

レーザータイプの家庭用脱毛器は充電式のものが多く、持ち運びが楽です。電気シェーバーのように充電すれば、充電が無くなるまで本体のみで使用できます。

家庭用レーザー脱毛器 デメリット

色素が薄い毛には効果がでにくい

レーザーの特徴によって、色素が薄い毛にはフラッシュタイプよりも効果が出にくいようです。

日焼けした肌、ほくろには使えない

日焼けした黒い肌や、ほくろへの使用は推奨されていません。

フラッシュよりも痛い

照射が強いので、太い毛は強い痛みを感じる場合もあります。

照射口が小さい

照射口が小さいので、広範囲の場合はかなりの時間がかかります。また、同じ箇所に何度も照射したり、照射してない箇所があったりと、慣れるまでは照射ムラが多い傾向にあります。

考えられる肌トラブル

使用法を守れば、特に心配する肌トラブルはありません。同じ箇所に何度も照射すると、軽い火傷の危険があります。

レーザー脱毛はどこでできる?

レーザー脱毛段は、主に「クリニックの医療用レーザー」か、「家庭用レーザー脱毛器」で行います。

医療用レーザーにはダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ロングパルスレーザーといった種類があり、それぞれパワーや痛みが異なります。これらの医療用レーザーは脱毛力が高い分、出力がとても高いので、クリニックなどの医療機関でのみ脱毛することが認められています。

家庭用レーザー脱毛器は、医療用レーザーの出力を下げて、家庭でも安心して使えるように改良された商品です。当然医療用と比較すると出力が落ちますので、回数でカバーすることになります。

脱毛完了までの期間は長くなりますが、最終的には満足できるレベルの脱毛効果が期待できますので、その手軽さから多くの方に選ばれています。

使い方や、注意点

それでは、レーザー脱毛器を例に挙げて、処理の流れやポイントを紹介します。

準備(プレケア)

まずは脱毛前日か、2日ほど前にわき毛を剃ります。レーザーはフラッシュより出力が高いので、剃ったあとの敏感になったお肌が落ち着いてから脱毛するようにしましょう。照射前にはしっかりと洗浄して汚れを落とし、水分をしっかり拭き取りましょう。

脱毛のポイント

レーザーはワキの毛のように毛が太い箇所は痛みが大きいです。そのため、痛みを和らげるためにも保冷剤やぬれたタオルなどで患部をしっかりと冷やしてから脱毛しましょう。そして、最初は低出力からはじめ、探りながら出力を調節しましょう。

また、レーザー脱毛器は照射口が小さいので、同じ箇所に何度も照射したり、照射していない箇所があるなどの照射ムラに注意しましょう。

アフターケア

照射後は脱毛した箇所を冷やし、そのあとに保湿クリームや化粧水などを利用してしっかりと保湿しましょう。

まとめ

    わき毛を家庭用脱毛器で処理するときのポイント

  • 前日、または2日前に毛を剃る
  • 脱毛箇所を清潔にして、水分を拭き取る
  • はじめは低出力で照射
  • 照射ムラに注意
  • 保湿クリームでアフターケア

口コミ・意見 まとめ

  • 脱毛力が高く、はやく効果を実感できた
  • コンパクトでお手軽
  • 時間がかかるので面倒
  • 太い毛はかなり痛い

このような意見が目立ちました。ワキなどの狭い範囲のみを脱毛したい場合は、レーザー脱毛もいいと思います。ただし、フラッシュに比べるとデメリットも目立ちますので、メリットやデメリットをしっかりと理解した上で選ぶようにしましょう。

当サイトの評価

レーザー家庭用脱毛器のおすすめ度

  仕上がり 手間 コスト
家庭用脱毛器
(レーザー)
 美容脱毛  毛が太いと痛い  片脇3~5分  初期費用で5万円程度。維持費はほぼ0円

ページの先頭へ