電気シェーバーでワキ毛を処理

電気シェーバー電気シェーバーはワキ毛などの太い毛や、広い面積の使用に向いている処理方法です。刃が直接お肌に触れることがありませんので、カミソリよりもお肌への負担が少ないです。

電気シェーバーでワキ毛処理するときのメリットやデメリットを紹介しますので、参考にしてください。

電気シェーバーのメリット

肌トラブルになりにくい

お肌に痛めないので、肌トラブルになりにくいです。

手間や、時間がかからない

電気シェーバーは、準備なく使用できますので、とても簡単。広範囲も素早く処理できます。

子供でも安心

お肌への負担が少なく、刃で肌を傷つける心配がありませんので、小さいお子様にも安心して使用できます。

電気シェーバーのデメリット

仕上がりがきれいにならない

電気シェーバーは深くまで毛を剃ることができませんので、毛が太くて濃い人ほど、仕上がりがキレイになりません。

すぐ生えてくる

肌表面の毛しか処理できませんので、すぐに生えてきます。

ランニングコストがかかる

使い続けると、刃の切れ味が悪くなりますので、替え刃が必要です。プレシェーブローションや、アフターローションも使うと、それなりの維持費がかかります。

お手入れが必要

電気シェーバーの中に毛がたまりますので、時々掃除をしたり、洗ったりする必要があります。

考えられる肌トラブル

肌荒れ、色素沈着など(電気シェーバーを押しつけて使用した時)

電気シェーバーの使い方や、注意点

電気シェーバーを使用するときは、強く押しつけるのはやめましょう。深く剃ろうとして押しつけながら使用すると、肌に負担がかかり続けてしまい、色素沈着になる可能性があります。

また、敏感肌の人は、何度も同じ箇所を剃るとかゆくなってしまうこともあるようですので、肌に押しつけないようにしてまんべんなくシェーバーを使いましょう。毎日使用する場合は、滑りを良くするプレシェーブローションを塗ってから電気シェーバーを使うと負担を軽減できます。

アフターケアも忘れないように

シェービングが終わった後は乾燥しないように保湿効果のあるクリームやローションを塗りましょう。

    わき毛を電気シェーバーで処理するときのポイント

  • 強く押しつけない
  • 同じところを何度も剃らない
  • ローションを使うと負担軽減
  • 処理後はしっかり保湿

電気シェーバー経験者の感想

・お肌のことを考えてカミソリから電気シェーバーに切り替えました。使ったあとも肌が荒れないし、短い毛もちゃんとカットできます。夕方くらいまですべすべしているから満足しています。

・少しそりが甘いです。あと音がうるさいです。ですがカミソリって深ぞりってイメージでお肌も削っている感じが嫌なんです。うちの家族はみんな電気シェーバーを使っています♪

・電気シェーバーを使っていますが、私は剛毛で毛の今日も多いので、朝剃っても夕方にさわるとザラザラしているのが分ります。夜に予定があるときは、駅のトイレや仕事場でシェーバーでカットし直します。持ち運びが楽だし、、手間がかからないから重宝します。

口コミ・意見 まとめ

  • 肌に優しい
  • お手軽
  • 剃りが甘い
  • 音がうるさい

以上の意見が多かったです。肌に優しいのは後々のことを考えると◎。剃りが甘いのは何回か剃ることで対策できますし、音がうるさいのも時間や場所を考えれば、大きな問題ではなさそうです。

当サイトの評価

電気シェーバーのおすすめ度

  仕上がり 手間 コスト
電気シェーバー  深ぞりできない  肌に優しい  片わき数分  本体は3000~1万円程度。維持費は1年~替刃で3000円程度

ページの先頭へ