脱毛テープでワキ毛を処理

脱毛テープ脱毛テープはワックスと似た脱毛方法です。テープをワキに貼り、毛の流れに沿って一気に引き剥がします。ガムテープと同じような原理ですが、脱毛テープのほうが粘着がつよく、毛がくっつきやすいです。

ただし、ワックスと同じく、脱毛テープを使った処理は、ある程度の毛の長さが必要ですので、常にワキ毛がない状態を理想とする方には実用性が低く、不向きな処理方法といえます。また、美容脱毛の脱毛ではありませんので、怪我は得なくなることはありません。

脱毛テープのメリットやデメリット、正しい使い方などを紹介します。

脱毛テープのメリット

時間がかからず処理できる

テープを貼ってはがすだけですので、短時間で処理できます。

毛が生えてくるまでの期間が長い

毛抜きや脱毛ワックスと同じく、毛を抜きますので、カミソリなどに比べると毛が生えてくるまでの期間が長いです。

脱毛テープのデメリット

痛い

粘着が強い商品ほど痛みが強いです。

肌への負担大

まとめて毛を抜きますので、肌への負担はとても大きいです。

ある程度の毛の長さが必要

5mm~1cm程度の毛の長さがないと、うまく粘着テープにくっつきません。そのため処理したあと次の処理まで毛を伸ばす必要があります。

粘着力が弱いと抜けない

粘着力が弱い商品は、毛が抜けずに残ってしまいます。残った毛の処理に手間がかかります。

考えられる肌トラブル

埋没毛(埋もれ毛)、肌荒れ、炎症など。

脱毛テープの使い方や、注意点

まずはお肌を清潔に

脱毛テープを使用するときは、毛を最低でも5mmほど伸ばします。

汚れがついた上ただと、粘着が弱く毛がキレイにとれません。

入浴後や、蒸しタオルで温めると毛穴が開きます。肌が清潔で毛穴が開いた状態で使用することで、けがき例に抜けやすくなります。

使用したあとにはしっかりアフターケア

テープで毛を処理した後は、皮膚が盛り上がり毛穴があいた状態ですので冷たいタオルで冷やして毛穴を引き締めましょう。そうすることで、細菌による化膿などの肌トラブルを防止することができます。

    わき毛を脱毛テープで処理するときのポイント

  • 毛穴が開いた状態で使用
  • 毛は5mm以上
  • 処理後は冷やして毛穴を引き締める
  • 保湿クリームでアフターケア

脱毛テープ経験者の感想

・私は冬はほとんどワキの処理していないので、処理が必要な日があるとテープを使用しています。貼ってから毛にしっかりとくっつくように何回も押さえて一気にはがします。面白いほど抜けます。でも処理間隔が短いと毛がくっつかないのであまりきれいに抜けてくれません。

・私の場合ワキの毛は1cm位だときれいに抜けませんので2枚使用しました。脱毛テープは粘着が強いと負担でかそうですし、かといって粘着が弱いと抜けない><。口コミを見て有名なv○etって有名なメーカのを使っていましたが、そもそも脱毛テープはわきには向いてないのでは?と感じました。

・痛いです。しかもワキはくぼんでいるから上手にはれなくてうまく抜けてくれません。残った毛はカミソリで剃っています。

脱毛テープの口コミ・意見 まとめ

  • 痛い
  • 長い毛は抜ける
  • わき毛を伸ばすのが難しい
  • 粘着が弱い

このような意見が目立ちました。脱毛力は弱いようです。しかも毛を伸ばすことができない人は使えませんので、万人向けの処理方法ではありません。デメリットが目立ちますので、素直に他の処理方法を探したほうが良さそうです。

当サイトの評価

脱毛テープのおすすめ度

  仕上がり 手間 コスト
脱毛テープ × 粘着弱い × 負担大
× 抜き残しを処理  1枚約50円で10~20枚セット。週1で両脇処理で1年で5000円~

ページの先頭へ