ワキ毛処理で起こる 肌トラブル一覧

肌トラブルに悩む女性カミソリも使い方を間違えると肌を削ってしまいますし、毛抜きは負担が大きい処理方法です。わき毛を自己処理したことのある女性なら、肌が黒ずんで汚くなったり、毛穴がぶつぶつになったり・・・何らかの肌トラブルを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

このページでは、自己処理で起こりやすい「埋没毛」「毛嚢炎(もうのうえん)」「色素沈着」について説明しますので、わき毛を自己処理している方は、是非参考にしてください。

埋没毛

毛抜きやカミソリなど、毛を抜いたり剃ったりする自己処理で起こりやすい肌トラブルです。自己処理によって削られた皮膚が再生して毛穴に蓋(ふた)をしてしまい、毛が表面に出てこれずに皮膚の中に埋もれてしまいます。ワキのように皮膚が重なっているところは毛が埋没しやすいので注意しましょう。

毛嚢炎

ワキ毛を抜いたり剃ったりしたあとの毛包に雑菌が入り込んでしまうと毛嚢炎になる可能性があります。初期の段階では痛みやかゆみはほとんどありませんが、毛穴が赤くなってしまいます。放置すると、炎症がひどくなって化膿してしまう可能性もありますので、適切な処置をしましょう。

色素沈着

外的刺激によって肌に負担をかけ続けたときに、色素が残ってしまい黒く変色して見える肌トラブルです。カミソリを使った処理を長い間続けると、色素沈着になる可能性があります。

ページの先頭へ