埋没毛って?

皮膚の下に毛が埋もれてしまう肌トラブルです。皮膚の中でも毛は成長を続けますので、皮膚内で長く伸び続けたり、ぐるぐるととぐろを巻いたりします。毛穴が盛り上がったり、肌表面から毛が透けて見える場合が多く、見た目的にもよろしくありません。

何で埋もれるの?

埋没毛になってしまうのは、処理方法が原因です。

カミソリや毛抜きでムダ毛を剃ったり抜いたりすると、皮膚を削ったり、つまんだりして肌を傷つけてしまうことがあります。肌は傷を修復するために再生するのですが、毛が伸びる前に傷のある皮膚を修復してふさがってしまい、毛が皮膚を突き破ることができずに中で育ってしまいます。

埋没イメージ

埋没毛はどこで起こりやすい?

埋没毛は、ワキの下、エチケットライン、ひじやひざなど、皮膚が重なっている箇所を処理したときにできやすいと言われています。

また、太ももなど、皮膚が薄い箇所も自己処理によって皮膚が傷つきやすいので、油断すると埋没毛だらけになってしまいますので注意が必要です。

どんな処理が埋没しやすい?

もっとも埋没しやすい処理方法は、「毛抜き」などの毛を抜く処理方法です。

毛を抜くと、毛穴の奥深くから毛が抜けますので、それだけ肌の表面から出てくるまでの期間が長いです。その間に皮膚が閉じてしまい毛の行き場所がなくなってしまいます。最近では少なくなりましたが、毛を抜くタイプの家庭用脱毛器や脱毛テープは危険です。毛の流れに関係なく毛を引き抜くので、途中で切れてしまうことも多いためです。

次に多いのが、「カミソリ」など、毛を剃る処理方法です。

カミソリは、毛抜きの次に埋没しやすい処理方法です。剃るときに肌も一緒に削って傷つけてしまうことが原因です。

どうしてもカミソリや毛抜きを使用する場合は、「逆剃りや、から剃りをしない」、「毛の流れに沿って抜く」など、いくらか負担を軽減する方法がありますので、参考にして下さい。

カミソリの使い方、注意点 毛抜きの使い方、注意点

埋没毛にならないためには?

やはり肌を傷つけない処理方法を選ぶか、頻繁な処理をしないように心がけることが重要になってきます。

肌を傷つけない処理方法として、当サイトでは以下の方法をオススメしています。

埋没毛になったら?

毛が埋没したときは自然と出てくるのを待つのが理想の対処法です。保湿をしっかりとして角質が柔らかくなれば、中に閉じ込められていた毛も自然に出てきます。

埋没毛を見つけると、ついついほじくり出したくなりますが、皮膚の表面には、黄色ブドウ球菌やニキビの原因になるアクネ菌などの常在菌がいます。無理矢理ほじくり出すと、これらの菌が入り込んで炎症を起こしてしまったり、傷跡が残る可能性がありますので注意しましょう。

ページの先頭へ