毛嚢炎(もうのうえん)って?

毛嚢炎とは毛を包んでいる部分「毛包」が細菌に感染することによっておこる炎症です。見た目はニキビのよぷに毛穴が腫れてうすらと赤みを帯びていることが多いです。初期症状では痛みやかゆみはほとんど感じられません。

毛嚢炎の原因は?

ムダ毛処理によっておこる毛包炎の原因は、処理後の毛穴から皮膚の常在菌である「表皮ブドウ球菌」や「黄色ブドウ球菌」が入り込んで、毛包に感染することによって引き起こされます。

特にわきやデリケートゾーンなど、汗をかきやすく蒸れやすいところは、菌が繁殖しやすいので処理によって毛嚢炎になるリスクが高まります。

どんな処理が毛嚢炎になりやすい?

毛嚢炎になるきっかけとして多いのは、カミソリと毛抜きです。脱毛テープや、脱毛ワックスも毛を引き抜きますので毛嚢炎になる可能性があります。それぞれの使い方や、注意点を紹介しますので参考にして下さい。

カミソリの使い方、注意点 毛抜きの使い方、注意点
脱毛テープの使い方、注意点 脱毛ワックスの使い方、注意点

毛嚢炎にならないためには?

ほかの処理方法と同じく、お肌への刺激を極力避けることで毛嚢炎の発生を防ぐことができます。また、お風呂場など菌が多いところは要注意。常に清潔を心がける意識が大切です。

以下におすすめ方法を紹介しますが、これらは決して毛嚢炎にならないというわけではありません。家庭用脱毛器や、脱毛サロンで毛嚢炎になったという報告も上がっておりますので、やはり、清潔に保つことと、保湿などのアフターケアをしっかりすることが重要です。

毛嚢炎になったら

軽いものであれば清潔にしていると、放っておいても治ります。

万が一大きくなって、赤く腫れ上がったり痛みが出るような場合は、ドラッグストアなどで市販されている化膿止め抗菌薬を使用しましょう。使用後様子を見て、症状が軽くならない場合は、皮膚科に行って専門の医師に相談しましょう。

ページの先頭へ