色素沈着って?

色素沈着は、皮膚の下の細胞にメラニン色素が増えて茶色っぽく変色してしまう症状です。

顔や体にできるシミやそばかすなども色素沈着の一種です。また、自己処理によって、ワキの下が黒ずんでしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。それも色素沈着です。

色素沈着はなにが原因?

色素沈着には、さまざまな原因が考えられますが、ムダ毛処理によってできてしまう色素沈着の原因は、主に外的刺激です。

どんな処理が色素沈着になりやすい?

もっとも色素沈着しやすい自己処理方法は、「カミソリ」です。

わき毛の処理でカミソリを長年使用することによって、肌に慢性的な刺激を与え続けると、それが刺激となって蓄積され、色素沈着を起こすこともあります。実際に、わき毛処理にカミソリを長い間使用している人で、ワキの下が黒く色素沈着している人は少なくはないようです。

カミソリの正しい使い方を知ることで、肌を傷つけるリスクを減らすことが可能です。カミソリでわき毛を処理している人は是非参考にして下さい。

色素沈着にならないためには?

カミソリを使った頻繁な処理は控えましょう。また、負担をかけない使い方を意識して、アフターケアも忘れないようにしましょう。

一度色素沈着が出来てしまうと、なかなか消えてくれませんし、ひどい色素沈着の場合は、脱毛サロンでフラッシュの照射を断られてしまうこともあるようです。

頻繁に処理する人は、後悔しないためにも早めに処理方法を見直すのもいいと思います。

肌に刺激を与えない処理方法として、当サイトでは以下の方法をオススメしています。(ただし、電気シェーバーは強い力で使うと、色素沈着の原因になりかねませんので、正しい使用方法の場合に限ります。)

色素沈着になったら?

色素沈着になったときは、原因となる処理方法をやめて、あとは肌のターンオーバーに任せるのが理想です。肌が再生するとともに、皮膚内部の色素沈着がどんどん皮膚の表面に上がってきて、表面まできたときに色素沈着はなくなります。

完全に色が消えるまでには、長い期間が必要です。

もしワキの下の色素沈着がひどいようであれば、メラニン色素を脱色する効果が期待できる「ハイドロキノン」配合のクリームを使用してみるのもいいかもしれません。ただし、効果が強く、副作用も報告されておりますので使用方法はしっかりと守りましょう。

ページの先頭へ