高校生のわき毛処理について

高校生の女の子高校生にもなると、周りの男性からどう思われているか敏感になる時期だと思いますので、ほとんどの人がわき毛の処理をしていることでしょう。

高校性になると、小中学生に比べて処理する機会が多くなります。

その理由として、毛が太くなってきたり、生えるスピードが早くなったりという成長の過程で処理の必然性が高まることと、異性との交流の機会が多くなることによって美意識が高まり、常にキレイなワキでいたいという欲求が高くなるからと考えられます。

みんなはどうやって処理しているの?

最も多い処理方法は、やはりカミソリのようです。

小中学生と比べると処理する頻度が増える傾向にあります。特に夏などは、私服でも露出が高くなりますので、どうしても処理回数が多くなりがちです。

処理方法次第ではお肌に負担がかかり、埋没毛や、トラブルになってしまうリスクが増えてしまいます。カミソリや、毛抜きで頻繁に処理を繰り返している方は、最低限、正しい処理方法や注意点は知っておきましょう。

幸い、高校性はまだまだ処理を始めてからの期間が短いとおもいますので、深刻な悩みを抱えている方はそう多くはないと思います。将来きたないワキにならないためにも早めに処理方法を見直すことが大切かもしれません。

高校生はバイトもできますので、小中学生よりもムダ毛処理にお金をかけることができます。そのため、脱毛エステサロンや、家庭用脱毛器を利用する比率が中学生に比べるとかなり高くなります。ただし18歳未満ですので、脱毛サロンに通うには親の承諾が必要となります。

キレイに処理する方法は?

家庭用脱毛器?脱毛エステサロン?

やはりキレイなワキになるためには家庭用脱毛器か、脱毛サロンがオススメです。最近の脱毛サロンはお試し体験が格安ですので、以前に比べると通いやすくなりました。そのため、若い年代の利用者がとても増えているようです。

親の承諾を得れなかったり、自宅でローコストでキレイに脱毛したい方は家庭用脱毛器を選ぶといいでしょう。最新の家庭用脱毛器は初期費用(本体価格)こそかかりますが、その後は維持費がほとんどかかりませんし、好きな時間に好きなだけ脱毛することができます。

使い続けることで、段々毛が生えてこなくなりますので、処理にかける時間が短縮できますし、お肌のトラブルの心配もありません。エステサロンと大きく変わらない脱毛方式ですので高校性にも人気が高い方法です。

ページの先頭へ