小学生のわき毛処理について

小学生の女の子小学生も高学年になると、男の子だけではなく女の子もわきに毛が生えてくるものです。むしろそのくらいの年齢の場合は女性のほうが成長が早く、わき毛が生えてきたりします(平均で13歳程度) 。

成長が早い子であれば10~11歳くらいにはもう脇毛が生えていることもあります。

小学生の多くは、誰かに教えてもらわない限り、ワキ毛の処理方法についての知識がありません。

子供だからまだ処理なんて早い!というような時代ではありませんし、小学生でもわき毛の処理方法で悩んでいる子が増えているのです。

相談できなくて悩んでいる子も多いようです

わき毛の知識がない子は、急にわき毛が生えてきたことに困惑して、なかなか相談できないというケースも多いようです。「もしかして自分だけ?」と考えてしまい、お友達やお母さんに相談できなくて悩んでしまうこともあるでしょう。

小学生の学校生活では、夏には半袖になりますし、水泳や、着替えのときなど、ワキが見えてしまう状況が意外と多いと思います。処理の知識がないために放置してしまうと、お友達に見られて恥ずかしい思いをしたり、時にはいじめの原因になるなんてことも考えられます

親の立場として、優しく教えてあげましょう

悩んだり、悲しい思いをさせないためにも、女性はみんな年頃になるとわき毛が生えてくるもので、それを処理していることを優しく教えてあげることが大切なのですね。

半袖になる夏には大半の小学生が処理をしていますので、小学5、6年生の衣替えの季節を目安に聞いてみるのもいいですね。特に、プールの前日には子供のためにも必ずワキをチェックするか、処理を済ませたかさりげなく聞いてみましょう

どうやって処理している?

カミソリや毛抜きが多い

ほとんどの小学生がカミソリや毛抜きで処理しているようです。生え始めは毛が柔らかくて細いことが多く、量も少ないので、カミソリや毛抜きでも簡単に処理できるんですね。自分で処理したり、親に処理してもらったりしているようです。

やり方さえわかれば、小学生でも自分で処理するようになりますので、はじめはどんな感じで処理しているかを実際に子供に見せてあげるのもいいですね。

ただし、小学生のお肌はとてもデリケートなので、安全性に気をつけることと、お肌を傷つけないような正しい使い方をしっかりと教えてあげることをお忘れなく。

家族みんなで家庭用脱毛器を使う人も増えています

最近、増えてきているのがお肌にもやさしく、キレイな処理ができる家庭用脱毛器。小学生の子供が自分で買う事ができませんが、お姉ちゃんや母親が使っている脱毛器を使用している子も増えているようです。

小学生のお肌にもまったく問題なく使用できる商品が多いですし、「あなたもやってみる?」と軽くことばをかけてあげるといいですね。

ページの先頭へ